買取 フリード

期待して大丈夫です

ホンダのフリードは、モビリオの後継モデルとして登場しました。
私自身、無限のエアロ付きモビリオスパイクに乗っていたこともありましたので、フリードに乗った時には懐かしい感じがしたのは言うまでもありません。ちょっと外観がイマイチだったのでエアロを付けて雰囲気を変えていたんですが、エリシオンを意識したようなフロント周りになっているので結構ノーマルのままでも行けるようになっていましたね。
もともと室内の広さは、このクラスの車では十分な大きさでしたし、ゆとりすら感じる大きさでした。我が家では、その後、3代目のステップワゴンに乗り継いではいましたが、次いでフリードに乗り換えることになった時には、必要な広さはキープできていることという基準を満たしてくれたのがフリードでした。
室内の作りは、2列目をキャプテンシートタイプと、ベンチシートタイプが選べましたが、当然のように、私はキャプテンシートをチョイスしました。単純に7人家族だからというのが理由でしたが、ベンチシートを選ぶと、前期型は8人乗りができるという、このクラスのミニバンでは驚きの人数が乗れたというのが凄かったですが、車の中での行き来ができることもメリットと考えたので、個人的にはキャプテンシートがベストじゃないかと思っています。
ただ、2列目下にある燃料タンクが邪魔をしているためシートアレンジの制約がありますが、足元が広いのでゆったりとした乗り心地です。3列目のシートがステップワゴンのシートと同様のものでとにかく広い。本当に不思議なことんですが、車の大きさからは想像しにくいくらいに室内スペースがあるということ。ホンダマジックと言えるかも知れません。
後期型にマイナーチェンジされ、3列目シートが2人がけに変更されましたので、6人乗りか、7人乗りの選択となりましたが、逆に占有できるシート面積が広くなっています。

Gジャストセレクションがメイングレードになると思いますが、電動スライドドアが左側に設定されており、使い勝手が良いですよね。ほぼ必要な装備が付いていて、エンジンも直4SOHCのi-VTECの1.5Lで特にパワーに不満もないという万能選手。お値段も割安な設定なのが人気になる理由なんでしょうね。今でも新車登録台数でも上位に君臨している大人気車種です。新車販売が好調ということは、当然ながら中古車市場でも人気になりますから、買取市場価格も高くなってくるというのは間違いありません。ぜひ上手に買取りしてもらってくださいね。


 

サイトマップ