下取り

競争が大事なんです

下取りというのは、新しい車を買いたいと思った人が、欲しい車を売っているディーラー(販売店)で新車購入する際に、これまで乗っていた車をディーラに払い下げるというものですよね。
新しい車を買うというのが一番重要になっている中での商談となりますので注意が必要です。どうしても商談の中心は新しい車をどれだけ安く買えるかということがポイントになっていますが、車両本体からいくら値引きますとか、オプションの中でもこれはサービスするとか、いくら値引きをするとか、そういった話がメインとなるのですが、この際に注意しなくてはならないのが、車両本体の値引き額を明確にしないで、下取り車の下取り額を含めた値引きとされていて、残りの支払額がいくらという提示になっていることがあります。これは論外です。実際の値引き額と、下取り価格は別にしてもらってから商談をスタートしましょう。
新しい車については、デビューしてからの経過時間や、人気の有る無し、担当している営業マンさんの熱意、ライバル車種の存在等の条件によって値引き額は変わってしまいます。後は、お客さんの交渉力によるところが大ですので知恵と工夫で乗り越えてもらいたいところですが、ここにばかり注力しすぎてしまうと、今乗っている車(フリード)を売ることに対して手間をかけたくなってしまうのでしょうかね。新しい車を買うディーラーに下取りに出してい舞う人が非常に多いのですが、これってとにかくもったいない事なんです。

先に述べたように、下取りというのは、ディーラーが他のライバルがいない状態で査定をしているもの。下取り相場以下の価格にしてしまても、それが安すぎるのではないかと指摘できるライバルが存在しない訳です。手抜きしているとは言いませんが、高い値段が提示されるとは思えませんよね。
何でもそうですけど、競争がない、ライバルがいないという状況では高いレベルでの結果を求めることは期待できないですよね。例えば、陸上競技で切磋琢磨できる好敵手がいるかどうかで全然成果が変わってくるのと同じだとお考えください。

下取りが不利になる最大の理由というのは、フリードに対する買取価格がディーラーだけの単独提示になるため、どうしても低い水準になってしまう傾向があるということです。

値引き額で頑張りすぎてしまった場合、担当の営業マンは、どこかでその失点部分を補うための行動をとるはずですよね。そこで考えてくるのが下取りを極力安くすることとなるのは予想できない話ではないと思います。
収支を安定させるために、起こってしまいがちなこととご理解ください。

それでも、安くしてくれた営業マンに任せたいという考える方もいらっしゃると思いますが、みなさんの考え方となりますので、どれが正しくて、どれが間違っているということではありません。
この話を聞いて、ちょっと気になるというのであれば、一括無料査定を頼んでみるのもいいと思います。10万円以上の違いが出てきたという事例が数多く報告されています。ほとんどの場合はメリットがあったと利用された方は口にされているようです。
ちなみに、一括無料査定というのは、短時間で実施することができますので、時間がかかってしまうのなら自分には無理だと思っている方がいるとしたら、心配しないで大丈夫ですよ。
また、依頼方法も非常に簡単です。最短32秒で依頼が終了するというところもあるくらいですから、一切難しい操作は必要ありませんし、当然のことですがタダでだ丈夫ですよ。
実際に車の買取りに参加する業者さんは、一度は聞いたことがあるような大手の業者から、地域の買取店まで多岐にわたっていますが、安心して任せられる信頼できる業者さんばかりですので、そういう点についてもご安心いただけます。


 

サイトマップ