希望額

伝える金額に工夫をする

買取り希望額を自分なりに設定して欲しいと話していますが、その額をディーラーや、買取業者に伝えるべきかという問題が出てくると思います。
この点については、状況を見ながら考えるのが最も良い方法なのですが、その状況というやつが分からないという声が聞こえてきそうなので、ちょっと説明をさせていただきます。

多分、こういった買取り査定を勧めるサイトでは、売却する際の希望額は伝えるべきではないと言っているところが多いと思います。
その根拠というのは、言ってしまった希望額がベースになってしまうため、高額査定が出にくいという理由からだと思いますが、ちょっと違うと思うので意見を述べさせていただきます。

もちろん、単純に希望額を伝えるというのであれば、やらない方が良いと思います。そういった意味であれば、正解です。
が、交渉というのは、そんな単純なことではありません。
基本的には、イニシアチブ(主導権)を自分の方においておくというのが、交渉をする際の妙であって、全ての手の内を明かす必要はありません。

私がフリードを売るのであれば、まずは下取り査定額の相場をチェックします。
もちろん、その価格が絶対のものではなく、目安であることは理解したうえで見ておく程度に留めます。
仮にその目安が80万円だとしたら、80万円を希望額とするなどということはせず、それ以上の価格を想定していきます。
あくまでも、希望額というのは自分が決めるものだからです。

私なら、100万と設定するかも知れませんね。

その金額を想定しながら話を進め、目安の80万円を超えるのが見えてきた段階で、100万を提示すると思います。
それまでは、話をしないと思います。ある程度、話が煮詰まってくるまでは我慢しておきます。
もちろん、20万円の上乗せですから、OKが出るとは思いません。
が、なんとか落札をしたいと思っているはずですから、少なくとも100万に近づく査定を提示するはずです。
査定師も、営業マンにしても、せっかくのフリードを逃がしたくなくなっているはずですからね。

最終的に85万とか、90万とかになるかも知れませんが、下取り査定相場を超えてくるのは間違いないのではないでしょうか。

私なら、こちらの中古車一括買取査定サイトを使って、こんなやり方でフリードの買取額を引き上げることを考えます。

 

サイトマップ