低燃費

さすがはECOモード

最近の車を選ぶポイントとして重視している点として燃費がどうなのかがありますよね。

私の使い方としては、まずモードをECOモードに固定しておきます。これだけガソリンの消費を抑えることが可能です。普通ECOモードといと表現は悪いですが走りには期待することは不可能な燃費を重視するという点に着眼点がおかれていて、とにかくガソリンを消費しないようにするため、エンジン回転数が上がる前にシフトチェンジが起こってしまうというものですが、フリードの場合、シフトチェンジの際のもたつき感がそれほどないために普通に運転している限りではECOモードになっていることを忘れてしまうくらいです。エンジン回転数が低い状態でもしっかりとした加速をしてくれます。

実際に燃費を見ていくと、リッターあたりで10km後半の数字はコンスタントに出ていますし、状況によっては20km台にも乗ることもあります。もちろんハイブリッド仕様ではない1500ccのCVT車での数値です。個体差は出てくると思いますが満足できる数値になってくると思います。
そう考えると、ハイブリッドでは、それ以上の低燃費を実現すると思いますが、ここから先の燃費向上となると徐々にハードルが高くなると言われており、ハイブリッド仕様にする際の価格アップ分は、燃費向上によるガソリン代の差額では埋めきれないという話も聞きますので注意が必要ではないでしょうか。
どうしても、ハイブリッドだという方は別ですが、普通のCVT仕様車がコストパフォーマンス的には優れているのではないでしょうか。

フリードを売るなら

 

サイトマップ