プレマシー フリード

フリードに軍配

ホンダ、フリードのライバル車種としてマツダのプレマシーも考えられるのではないでしょうか?
どちらもミニバンとに分類されるでしょうが、コンパクトボディが注目されている車同士です。
3列目シートがしっかりとしていて、大人数でも乗車が可能なのが凄い所です。

プレマシーは、5ナンバー枠を超える大きさになっているので、本来であれば、ワンランク上の車と言えなくもないですが、車内空間を見るとフリードと同程度なので、フリードの凄さが際立ってくると思えるところです。
ただ、アイドリングストップ機能が付いているところは、若干ですが高級志向を満たす味付けがされていると思います。

単純に比較すると、安いのに広いスペースを確保していて実用車として不満点が少ないのがフリード、それに対し、高級感が漂う車がプレマシーという位置づけになるかと思います。
販売台数を見ると、フリードが大きく水をあけてリードしていることから考えると、フリードがお客様から高い評価を得ていることは間違いないということです。

中古車として売却をする場合にも、新車での販売台数の優劣は大きく買取価格に影響を与えることになりますから、フリードの方が期待できるということになるでしょう。

 

サイトマップ